TO travel IS TO live

 【帰りたくなる場所】が増える旅

【BUNROKU 文禄堤薩摩英国館】イギリスを感じられるカフェ【大阪】

f:id:tra_live:20210413025233j:plain

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館(April 2021)

 

閑静な旧街道沿いにひっそりと佇むティールーム、

『BUNROKU 文禄堤薩摩英国館』

 

建物は 1926に建てられた古民家を改装したもので、趣があります。

f:id:tra_live:20210413030220j:plain

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館(April 2021)

f:id:tra_live:20210413030534j:plain

中庭から差し込む暖かい日の光

 

過去にイギリスのコンテスト、“The Great Taste Awards” において紅茶部門で7回金賞を受賞したオリジナルティー『夢ふうき』を味わいながら、

イギリスを感じられる癒しの空間。

 

こちらの記事では、

『BUNROKU 文禄堤薩摩英国館』の魅力をご紹介いたします。

 

※この記事に掲載されている写真は、2021年4月上旬 両親の結婚記念日にBUNROKU 文禄堤薩摩英国館を訪れた際に撮影したものです。ジオラマモードで撮影したものも含まれますが、カメラで撮影した写真は加工しておりません。

※店内には紅茶や雑貨の販売スペースがあります。そのエリアの写真撮影はできかねますのでご注意ください。

 

 

メニュー

f:id:tra_live:20210414054912j:plain

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館(April 2021)

 

この日はランチメニューから1つずつ、

父と私はデザートメニューも合わせていただきました。

(※本当はランチメニューの時間を少し過ぎていたのですが、特別に提供していただきました。通常は 14:30 までとなっております。)

 

上記写真に写っている右手奥が父が注文した『黒麹豚の手ごねハンバーグ』(パンorライス、サラダ、紅茶orアイスコーヒー付)、左奥が私が座っていた席です。

(写真は母の席のそばに一瞬だけ移動してささっと撮らせてもらいました笑)

 

f:id:tra_live:20210414055131j:plain

『鹿児島産ポークの紅茶煮オープンサンド』
(サラダ・紅茶もしくはコーヒー付)

 

紅茶のセットでいただきましたが、飲み物はデザートと一緒に持ってきていただくようにお願いしました。 

あまりにも美味しすぎて、コロナとか関係なく、ただただ無言でお食事を味わうことに集中したくなります。

 

母が注文したのは『スコーンランチ』(サラダ・紅茶もしくはアイスコーヒー付)

チーズスコーンと、ローズマリー&ベーコンのスコーンという珍しい組み合わせ。

クリームチーズソースのディップや自家製ハーブバターも付いており、鹿児島県産黒豚のソーセージも合わせて楽しめます。

 

私は写真を撮っていなかったので、

下記公式HPからご確認いただければ幸いです。

BUNROKU ティールーム

 

お店のドア付近にも写真付きのメニューがありました。

f:id:tra_live:20210414055536j:plain

 

 

デザートに私がいただいたのは、ブルーベリー・チーズケーキ

f:id:tra_live:20210414055607j:plain

自家農園産の大粒のブルーベリーがたっぷり使われている
べイクドチーズケーキ(550円)

「どっしり」というよりかはどちらかと言うと「しっとり」とした食感で、ぺろりと食べれてしまいます!

 

父はスコーンと紅茶のセット(クリームティー)を注文。

f:id:tra_live:20210414055717j:plain

写真後方に写っているものです。

実は母と私も一口ずつもらいました(笑)

お芋の優しい甘さと甘すぎない生クリームがベストマッチ♡

 

「スコーンと言えばやっぱりジャムでしょ!」と思っていましたが、これは新発見でした。また食べたくなってきちゃう…

 

 

アフターヌーンティーは事前予約が必要となります。

フィンガーサンドイッチ2種のスコーンミニケーキ英国のお菓子たち選べるポットサービスの紅茶を楽しむことができます。)

 

オリジナルブランド・鹿児島県産『夢ふうき』以外にも、

世界中の様々な種類の紅茶を取り扱われています。

 

詳しくは下記公式HPをご覧ください。

それぞれの紅茶の特徴も端的に説明されています。

BUNROKU ティールーム

 

建物の外観

f:id:tra_live:20210414045653j:plain

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館(April 2021)

 

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館1926(大正15年)に建てられました。この地は東海道五十七次(京街道)・守口宿にあたり、日本の歴史・文化を感じさせます。❞

 引用元:BUNROKU 文禄堤薩摩英国館

 

歴史の長い古民家を改装して作られたため、

伝統的な日本家屋らしさを残しつつも、おしゃれな外観が目を引きます。

 

(個人的には今にも潰れそうなボロボロの建物の方が惹きつけられますが、こういう雰囲気は女子受けするんだろうなと感じました。)

f:id:tra_live:20210414050009j:plain

f:id:tra_live:20210414045857j:plain

f:id:tra_live:20210414045921j:plain

チョークボードもかわいいです

 

f:id:tra_live:20210414032516j:plain

母が撮ってくれていた写真

 

 

建物の内装

f:id:tra_live:20210414072511j:plain

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館(April 2021)

 

『BUNROKU 文禄堤薩摩英国館』の最大の魅力とも言えるのが、

内装の美しさ。

中庭を囲うように、2つの大きな部屋があります。

 

感染症ウイルスの危険性を考慮すると、席を離れてウロウロするのは気が引けましたが、

訪れたのが平日のお昼過ぎだったということもあり、私たち親子だけの貸し切り状態となったタイミングがありました。

その間に(販売されている商品以外は)写真撮影の許可もいただいたので、それらの写真を使って店内の様子をご紹介いたします。

 

f:id:tra_live:20210414072616j:plain

入口から見える店内の様子

右手の棚には紅茶や雑貨などの商品が並んでいます。どれも本当にかわいい♡

突き当りにはグランドピアノが見えます。

 

f:id:tra_live:20210414072735j:plain

ランプの形が独特でかわいいですね。

f:id:tra_live:20210414072809j:plain

テーブルとイスのデザインもそれぞれ異なっています。

写真には写っていませんが、この左手にカウンター席もあります。

 

グランドピアノの手前には、なんと井戸もあるんです!

f:id:tra_live:20210414072901j:plain

『文禄の井戸』

 

この大きな振り子時計も趣があり素敵!

 

f:id:tra_live:20210414073029j:plain

井戸の底も覗くことができます。

f:id:tra_live:20210414073130j:plain

振り子時計の奥には、もう1つの部屋が広がっています。

f:id:tra_live:20210414073201j:plain

左手の中庭から差し込む光が
いい味を出してくれています。


右手を見ると…

f:id:tra_live:20210414073242j:plain

f:id:tra_live:20210414073304j:plain

わりと奥まで広がっていました。

 

こちらの部屋から見た中庭はこんな感じ ↓

f:id:tra_live:20210414073341j:plain

f:id:tra_live:20210414073405j:plain

 

最初のお部屋に戻り、別の角度から中庭を眺めてみます☟

f:id:tra_live:20210414073449j:plain

写真右奥に写っているのが、先ほど覗いていた窓

 

 

素敵なお庭に癒されながら写真を撮っていると…

f:id:tra_live:20210414073555j:plain

あれ?
よく見ると…ウサギさんが寝そべっています!

f:id:tra_live:20210414073807j:plain

あ、ここにも!

 

ウサギさん探しに盛り上がっていると、

石灯籠の中にもリスがいることを店員さんが教えてくださいました。

 

f:id:tra_live:20210414073934j:plain

f:id:tra_live:20210414073957j:plain

ずっとこっちを見てくれていたのに
言われるまで気が付きませんでした…

 

こちらのカフェに訪れた際には、

どうぞ細部までじっくりと中庭の景色も楽しんでくださいね。

f:id:tra_live:20210414073724j:plain

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館(April 2021)

 

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館 基本情報

f:id:tra_live:20210413025345j:plain

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館(April 2021)

 

営業時間

  • (火)〜(土)11 : 00〜19 : 00
  • (日)    11 : 00〜17 : 00

 

 ★定休日     月曜日・年末年始・お盆

 

 

詳しくは下記公式HP、またはティールームに直接お問い合わせください。

 

アクセス

京阪電鉄「守口市駅」

地下鉄谷町線「守口駅」よりそれぞれ徒歩約3分

 

メディア情報

京阪電車沿線情報誌「K PRESS4月号でも紹介されています。

f:id:tra_live:20210414042557j:plain

f:id:tra_live:20210414042610j:plain

「K PRESS」2021年4月号の一部

 

電子版は下記リンクをご参照ください。

K PRESS 4月号|沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)|京阪電気鉄道株式会社

 

4ページ・5ページ目には、

他にも近畿エリアアフタヌーンティーをいただけるおすすめのティールームとイギリスの紅茶情報が載っています♡

f:id:tra_live:20210414042801j:plain

英国の紅茶に関する豆知識

ぜひリンクから、こちらのページだけでものぞいてみてください。

 

周辺エリアの雰囲気

f:id:tra_live:20210414035942j:plain

文禄堤 茶味

今回ご紹介したティールーム、『BUNROKU 文禄堤薩摩英国館』のすぐそばに位置している会席・懐石料理店

筆者は入ったことはありませんが、いつかこんな素敵な場所でお食事をしてみたいです…

 

f:id:tra_live:20210414040141j:plain

謎のカエルさんの置物たち
見えにくいですが、植木鉢のすぐ後ろにもひっそりと…

 

地下鉄守口駅からティールームへ向かう通りの一角。

この向いにあるアパートもヨーロッパを彷彿とさせる個性的なデザインで、なんだかおしゃれなエリアです。

 

f:id:tra_live:20210414040237j:plain

カエルさんの植木鉢と同じものがこちらの建物前にも…

 

かわいい外観に惹き付けられ、少し建物内に入ってみました。

f:id:tra_live:20210414040434j:plain

ガラス窓からお部屋の様子を少し覗かせてもらったのですが、とてもかわいい装飾が至る所に。結局なんのビルなのかわからなかったのですが、癒しの空間でした。

 

他にもご紹介したいところがたくさんあるのですが、

街の雰囲気は実際に歩きながら楽しんでいただければ幸いです。

 

おわりに

f:id:tra_live:20210413025937j:plain

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館(April 2021)

 

こちらのカフェは家から自転車で約20分弱の場所に位置しているのですが、訪れたのは今回が初めてでした。

 

こんなに素敵な場所がすぐ近くにあったなんて…

歳を重ねるごとに地元の良さを再発見し、前よりもここでの生活に居心地の良さを感じています。

 

同じ場所にずっと留まっていると、

当たり前の光景に感動も薄れてきてしまいますが、

少し離れてみることで有難みに気付きやすくなるのかもしれませんね。

 

f:id:tra_live:20210413030011j:plain

BUNROKU 文禄堤薩摩英国館(April 2021)

 

近場でさえも自由にお出かけをするのは難しい状況が続いていますが、

身近にある幸せを見逃さないように、1日1日丁寧に過ごしたいです。

 

 

今月も半分が過ぎ、桜はほとんど散ってしまいましたが、

夏に向けて青々と生い茂る草木のように、

気持ちを切り替えて前を向いて進んでいけたらいいなと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたʕ·ᴥ·ʔ ♡︎⋈*。゚

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃

ブログ村のランキングサイトに登録しています。

下の【イギリス情報】と書かれたバナーを押して

応援していただけると励みになります 。

よろしくお願いいたします(人ω・*)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ