TO travel IS TO live

 【帰りたくなる場所】が増える旅

【軽井沢千住博美術館】自然と調和した、陽の光が差し込む美術館

f:id:tra_live:20211230184022j:plain

Hiroshi Senju Museum Karuizawa
(December 2021)

 

美術館が集まる街、軽井沢。

 

ユニークな美術館がたくさんありますが、その中でも

最も有名なもののひとつ、【軽井沢千住博美術館】

 

自然と調和した、温かい陽の光が差し込む

特徴的な建築が魅力の美術館です。

 

この記事では、軽井沢を代表する美術館、

軽井沢千住博美術館についてご紹介いたします。

 

 

※この記事に掲載されている写真は 2021年12月10日、友人の結婚式に参加するために軽井沢を訪れた際に、周辺を観光したときに撮影したものです。(カメラは OLYMPUS PEN Lite E-PL5 を使用。すべて無加工のまま掲載しています。)

 

f:id:tra_live:20211230184116j:plain

Hiroshi Senju Museum Karuizawa
(December 2021)

 

軽井沢千住博美術館 施設紹介

f:id:tra_live:20211230184208j:plain

Hiroshi Senju Museum Karuizawa
(December 2021)

美術館エリアマップ☟

f:id:tra_live:20211230184249j:plain

画像引用元:
施設案内 | 軽井沢千住博美術館

 

カラーリーフガーデンを中心に、

美術館、ギャラリー、ミュージアムショップ、ベーカリー・カフェが建てられています。

f:id:tra_live:20211230191227j:plain

 

「作品を鑑賞するための建物」というだけでなく、

作品と建築が一体となる空間を体験することができる美術館です。

 

 

美術館 館内の様子

f:id:tra_live:20211230184535p:plain

画像引用元:
施設案内 | 軽井沢千住博美術館

 

屋外と繋がっているような、建物の中にいることを忘れさせてくれる不思議な建築。

日の光をたくさん感じられる設計になっているので、

よく晴れた日に訪れるのがおすすめです。

 

「ザ・フォール ルーム」は小さな劇場のような空間で、

決められた時間になると入場できます。

(トンネル状の渡り廊下を進んで入る展示室、ちょっとした冒険気分を味わえます。)

作品と一体になっている映像がただただ美しく、放心状態で見入ってしまいました。

 

この感動は写真や動画では伝えられないので、

ぜひ実際に訪れて体験してほしいです!

 

場所の名前は付いていませんが、「ザ・フォール ルーム」の手前の円形になっている小さなスペースにも、作品の上から一体化するように映像が流れています。こちらも幻想的な空間でした。

 

 

※館内は写真撮影禁止となっています。

下記公式HPで雰囲気をご覧いただけます☟

 

 

カラーリーフガーデン

f:id:tra_live:20211230192943j:plain

カラーリーフガーデン(December 2021)

 

本ガーデンは、美術館の建物内に設けられた、大小4箇所の総ガラス張りの吹抜け空間に植栽されているカラーリーフの樹々や草花とも連携して、美術館の周囲に設けられています。敷地には、150種類以上もの色とりどりのカラーリーフプランツが植栽されています。

引用元:カラーリーフガーデン | 軽井沢千住博美術館

 

見頃は 5月中・下旬頃~10月上旬頃の期間ですが、

冬の静けさが漂うウィンターガーデンが好きなので、

12月中旬に訪れることできたのは、個人的には良い思い出になりました。

 

f:id:tra_live:20211230193256j:plain

カラーリーフガーデン(December 2021)

公式HPはこちら☟

f:id:tra_live:20211230193219j:plain

カラーリーフガーデン(December 2021)

 

 

ギャラリー

f:id:tra_live:20211230185334j:plain

ギャラリー(December 2021)

 

軽井沢千住博美術館の敷地内にあるギャラリー

※こちらは無料開放されています。

 

環境問題をテーマにした作品たち☟

f:id:tra_live:20211230185554j:plain

f:id:tra_live:20211230185615j:plain

考えさせられる展示がたくさんありました。

 

f:id:tra_live:20211230185706j:plain

f:id:tra_live:20211230185724j:plain

 

美術館で作品を鑑賞した後は、こちらのギャラリーにもぜひ足を運んでくださいね。

f:id:tra_live:20211230185505j:plain

ギャラリー(December 2021)



カフェ・ショップ棟

f:id:tra_live:20211231004549j:plain

カフェ・ショップ棟(December 2021)

 

屋根の形が特徴的なカフェ・ショップ棟。

上からはどんな風に見えるのか、ちょっと気になりますね。

 

左手がミュージアムショップ、右手がカフェになっています。

f:id:tra_live:20211231004625j:plain

f:id:tra_live:20211231004647j:plain

 

カフェには別の出入口もあります☟

f:id:tra_live:20211231004801j:plain

f:id:tra_live:20211231004837j:plain

カフェ・ショップ棟(December 2021)

 

ミュージアムショップ

f:id:tra_live:20211231005028j:plain

ミュージアムショップ(December 2021)

 

美術館限定のオリジナルグッズや、

セレクトグッズなど多彩なアイテムが取り揃えられています。

 

購入した紙袋には「10周年」のシールが貼られていました☟

f:id:tra_live:20211231005055j:plain

f:id:tra_live:20211231005129j:plain

ミュージアムショップ(December 2021)

 

2007年 ~ 2013年、京都造形芸術大学の学長を務められ、

2022年現在は、京都芸術大学教授、康耀堂美術館館長、ヴァン・クリーフ&アーペル芸術学校(レコール)マスターズコミッティー委員、公益財団法人徳川ミュージアム相談役などを務められている千住博教授。

 

本もいくつか出版されています☟

 

詳しいプロフィールはこちら☟

 

ベーカリー・カフェ

f:id:tra_live:20211231005441j:plain

ブランジェ浅野屋 軽井沢千住博美術館
(December 2021)

 

軽井沢の老舗ベーカリー「ブランジェ浅野屋」のこだわりのパンが食べられる、

ベーカリー・カフェ

 

内側から見ても不思議な屋根の形☟

f:id:tra_live:20211231005514j:plain

f:id:tra_live:20211231005542j:plain

イートインスペースの壁の形も面白いです。

 

f:id:tra_live:20211231005945j:plain

f:id:tra_live:20211231010004j:plain

 

どれもおいしそうだったので迷いましたが、ポテトフランスにしました。

f:id:tra_live:20211231005611j:plain

写真では伝えられませんが、ごろっとじゃがいもが入っていて、食べ応え◎

 

軽井沢限定のメニューも☟

f:id:tra_live:20211231005715j:plain

f:id:tra_live:20211231005736j:plain

 

ちなみに本店は「軽井沢銀座商店会」にあります。

レトロな雰囲気が漂う本店☟

f:id:tra_live:20211231005402j:plain

ブランジェ浅野屋 軽井沢 旧道本店
(December 2021)

「ブランジェ浅野屋」公式HPはこちら☟

 

 

軽井沢千住博美術館 『開館10年の軌跡展』

f:id:tra_live:20211230195756j:plain

Hiroshi Senju Museum Karuizawa
(December 2021)

 

2011年10月に開館した当館は、今年10周年を迎えます。

開館に向けた期間、千住博が東京藝術大学在学中に描いた「六月の空」(1978年)から「ウォーターフォール」(2011年)まで、その間の作家の代表作を収蔵してまいりました。開館後は、1995年第46回ヴェネツィア・ビエンナーレで名誉賞を受賞した「The Fall」など、過去の代表作の収蔵もありましたが、積極的に新作の収集に努め、10年間で新旧24点がコレクションに加わりました。本展では、新しく収蔵した新作の「冬の一隅」(2020年)を公開します。

引用元:軽井沢千住博美術館 開館10年の軌跡展 | 軽井沢千住博美術館

 

2021年3月1日 ~ 12月25日まで行われていた展示。

 

「開館から10年」 という節目の特別な展示で、

こちらの美術館を訪れたのはこれが初めてでしたが、

感慨深い気持ちになりました。

 

f:id:tra_live:20211230235339j:plain

f:id:tra_live:20211230235434j:plain

 

特に印象に残っている絵は 「光」

四季4部作の1つ、「夏」の作品で、

水面近くにいる鹿が神秘的に見えます。

 

「星のふる夜に」 というシリーズも美しく、展示のされ方も素敵でした。

館内での写真撮影は禁止ですが、絵本として販売されています☟

 

 

「At World’s End #16

「地の果て」と名付けられた作品は、

言葉では到底表現できませんが、とにかく惹きつけられる作品。

これも訪れたら絶対に見てほしい絵画のひとつです。

 

ポストカードとして販売されていた 「波の詩」 という作品も個人的にすきな作品のひとつです☟

f:id:tra_live:20211230235243j:plain

 

どれも1度見たら忘れられないような、強烈なインパクトがありました。

遠くから全体を眺めたり、近寄って細部までじっくり見たり…

 

ゆっくりと時間をかけて楽しみたい作品ばかりで、

ほんとうに素敵な空間でした。

 

 

軽井沢千住博美術館 基本情報

f:id:tra_live:20211230193454j:plain

Hiroshi Senju Museum Karuizawa
(December 2021)

 

<開館時間> 9:30 〜 17:00

    ※入館は 16:30 まで

 

<休館日>  火曜定休

  (祝日、GW・7 〜 9月は開館)

  ※冬期休館  12月26日 〜 2月末日

 

<問い合わせ先> ℡ 0267-46-6565

 

入館料は下記公式HPをご確認ください☟

 

チケットはこちらの精算機でセルフ購入できます☟

f:id:tra_live:20211230194727j:plain

 

入口に設置されているコインロッカーは100円返却式です☟

f:id:tra_live:20211230194750j:plain

 

出入口付近には記念スタンプを押せるコーナーがありました。

f:id:tra_live:20211230194820j:plain

コロナ禍で設置していない美術館・博物館もあるので、ちょっと嬉しい♡

 

★Senju Hiroshi 公式HPはこちら☟

 

★軽井沢千住博美術館 公式HPはこちら☟

 

 

軽井沢千住博美術館へのアクセス

f:id:tra_live:20211230194958j:plain

Hiroshi Senju Museum Karuizawa(December 2021)

 

<電車をご利用の場合>

  • 軽井沢駅 (JR北陸新幹線・しなの鉄道) 下車、タクシーで約10分
  • 中軽井沢駅 (しなの鉄道) 下車、タクシーで約5分

 

★軽井沢駅・中軽井沢駅からは、

 軽井沢町内循環バス(東・南廻り線)もご利用いただけます。

 

詳しくは下記公式HPをご確認ください☟

 

 

あまりおすすめできる手段ではありませんが、私は徒歩で移動しました。

歩いた順路の詳細は、軽井沢観光のまとめ記事に記載したいと思います。

 

<駐車駐輪>

 車 60台、自転車 30台、

 大型バス 5台収容可能です。

 

 

おわりに

f:id:tra_live:20211230193530j:plain

Hiroshi Senju Museum Karuizawa
(December 2021)


他にも気になる美術館はたくさんありますが、

冬季期間は休館または週末のみ開館している施設が多く、

残念ながら訪れることができませんでした。

 

あまり調べず、現地に着いてから閉館していたことを知った 『深沢紅子野の花美術館』 ☟

f:id:tra_live:20220103144824j:plain

f:id:tra_live:20220103144842j:plain

f:id:tra_live:20220103145839j:plain

f:id:tra_live:20220103144904j:plain

Fukazawa Kokono no Hana Museum(December 2021)

 

事前に調べていなかったことを悔やみましたが、

道中に美しい景気を見れたのはよかったです。

 

冬の軽井沢は空気が澄んでいて、何気ない道を歩くだけでも楽しい気持ちになりました。

お散歩中に撮影した写真は、別の記事にまとめます。

f:id:tra_live:20220103145731j:plain

f:id:tra_live:20220103145758j:plain

軽井沢(December 2021)



 

貴重なお時間を割いて最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました ⸜( ´ ꒳ ` )⸝

▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃

にほんブログ村のランキングサイトに登録しています。

ポチッと押して応援していただけると励みになります。

 よろしくお願いいたします 

        

  にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

 

 ୨୧ ∴∵∴ ୨୧ ∴∵∴ ∴∵∴ ୨୧ 

ブログに載せきれなかった写真は

Instagram の投稿やストーリーにもアップしています。

 

合わせて覗いてもらえるとうれしいです( ˶´v`˵ ) 

https://www.instagram.com/tra_live_/

 

 ୨୧ ∴∵∴ ୨୧ ∴∵∴ ୨୧ ∴∵∴ ୨୧