TO travel IS TO live

 【帰りたくなる場所】が増える旅

【カランドリエ ミュシャと12の月展】<大阪>堺 アルフォンス・ミュシャ館

f:id:tra_live:20210715213217j:plain

出典:

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

 

2021年3月下旬から堺 アルフォンス・ミュシャ館で開催されている企画展、

【カランドリエ ミュシャと12の月】 展。

 

「カランドリエ」 とは、フランス語で 「カレンダー」 を意味します。

 

 

7月中旬にこちらの企画展を訪れました。

この記事では、堺 アルフォンス・ミュシャ館の魅力をお伝えいたします。

 

プラハのセントラルギャラリーも 2016年の夏に訪れました。

プラハで撮影した写真も、記事の最後に載せています。

f:id:tra_live:20210716200506j:plain

Prague(August 2016)

f:id:tra_live:20210716204121j:plain

Central Gallery, Prague
(August 2016)

 

 

f:id:tra_live:20210715220759j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館(July 2021)

 

展覧会概要

f:id:tra_live:20210715220531j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館(July 2021)

 

19世紀末のパリで活躍したアルフォンス・ミュシャは、広告デザイナーとしての仕事のうち特にポスターで有名ですが、実はカレンダーも数多く制作しています。

 

ミュシャの代表作のひとつ《黄道十二宮》も、当初はカレンダーとして制作されたものです。本展では、当時の人々の暮らしを彩ったアール・ヌーヴォーのカレンダーの数々を、習作とともに一挙に公開します。

また、その月その季節にふさわしいミュシャの作品を、12の月の流れに沿って紹介します。

 引用元:堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

 

f:id:tra_live:20210716111925j:plain

f:id:tra_live:20210716111950j:plain

展示チラシのPDFはこちら



第1章 ミュシャと12の月たち

その月その季節にふさわしいミュシャの作品が、

12の月の流れに沿って紹介されています。

 

展示は春>4月からはじまります。

ミュシャ曰く、春は「パリが一番美しい季節」

花咲く風景を「まるで天国の上を歩いている感じ」と述べています。

 

<夏>はミュシャが生まれた季節

妻マルシュカと結婚式を挙げたのも、清々しい初夏の日のこと。

 

<秋> 特に10月を恐れていたミュシャ

真夜中に窓の外が霧に覆われ草木が枯れる光景に

子供の頃のミュシャは何度も涙を流したそうです。

 

<冬>12月にはミュシャの運命を変えた女性、

サラ・ベルナールを讃える祝宴が催されます。

巨大なポスターもこの企画展の見どころのひとつです。

 

第2章 ミュシャのカランドリエ

12星座のモチーフが描かれているマンスリーカレンダーや

企業のためにデザインされたカレンダーや広告も展示されています。

 

目録はこちら

 

f:id:tra_live:20210716115109j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館(July 2021)

 

館内にはぬりえコーナーもありました。

(おうちで楽しむ用です。色鉛筆などは用意されていません。)

 

特に好みのデザインは 6月、9月、11月です。

f:id:tra_live:20210716115158j:plain

f:id:tra_live:20210716115226j:plain

 

下記公式HPからもダウンロードが可能です。

★ SNS投稿プレゼント企画も実施中です。

 詳しくは上記公式HPをご確認ください。

 

f:id:tra_live:20210716115027j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館(July 2021)

 

開催時期

 

 2021/03/27 (土) 〜 07/25 (日)

 休館日:月曜日(※休日の場合は開館)

 

 開館時間:9 : 30 ~ 17 : 15

(入館は 16 : 30 まで)

 

※緊急事態宣言発出に伴い、堺 アルフォンス・ミュシャ館は 4月25日〜 6月20日まで臨時休館していました。6月22日より再開しています。

 

 

展示室の様子

公式HPに展示解説動画があります。

 

前半(約3分弱)・後半(約4分半)に分かれています。

それぞれ展示解説は字幕のみ、音声はなし(音楽のみ)です。

 


www.youtube.com

 

下記公式HPからも両方の動画をご覧いただけます。

 

展示室の様子は、下記ウェブサイトからもご覧いただけます。

※こちらのサイトに掲載されている写真で、実際に撮影が可能なのはウミノフ・ミラーのみです。

 

f:id:tra_live:20210715221941j:plain

f:id:tra_live:20210715222038j:plain

f:id:tra_live:20210715222117j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館(July 2021)

 

 

館内で撮影可能なスポット

f:id:tra_live:20210715221735j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館(July 2021)

 

館内にはレプリカも数点あり、撮影可能な作品には印が付いています。

 

f:id:tra_live:20210715221829j:plain

 

レプリカの作品☟

f:id:tra_live:20210715222538j:plain

f:id:tra_live:20210715222617j:plain

f:id:tra_live:20210715222646j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館(July 2021)

f:id:tra_live:20210715222454j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館(July 2021)

 

ミュシャのビーナスたちとともに撮影できるスポットは3階にあります。

f:id:tra_live:20210715223917j:plain

フォトスポット

(受付で希望すれば、自撮り棒も貸し出しをしてもらえるようです。)

 

フォトスポットに向かうまでは、

過去に開催された企画展のポスターが、壁一面に張られています。

f:id:tra_live:20210715224044j:plain

f:id:tra_live:20210715224106j:plain

f:id:tra_live:20210715224316j:plain

f:id:tra_live:20210715224342j:plain

f:id:tra_live:20210715224409j:plain

f:id:tra_live:20210715224440j:plain

f:id:tra_live:20210715224506j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館
3階(July 2021)

 

 

堺 アルフォンス・ミュシャ館について

f:id:tra_live:20210715204302j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館(July 2021)

 

入口は2階です。

受付、ミュージアムショップも2階にあります。

 

f:id:tra_live:20210715220345j:plain

チケットとパンフレット

f:id:tra_live:20210715205406j:plain

2階(July 2021)

f:id:tra_live:20210715204337j:plain

エレベーターもかわいい♡

 

展示室は3階・4階です。

 

詳しくは下記公式HPをご確認ください。

 

f:id:tra_live:20210715221356j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館(July 2021)

 

 

交通アクセス

天王寺駅からJRで1本、アクセスしやすい場所にあります。

 

f:id:tra_live:20210715204513p:plain

出典:

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

 

JR 堺市駅から…

f:id:tra_live:20210715204620p:plain

出典:

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

 

JR「堺市」駅の改札を出て右に進むと、

背の高い二つのビル(ベルマージュ堺)が見えます。

 

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)は、

そのうち右側のビル(弐番館)内にあります。

 

f:id:tra_live:20210715204739j:plain

ベルマージュ堺へと続く陸橋(July 2021)

f:id:tra_live:20210715204906j:plain

f:id:tra_live:20210715204927j:plain

陸橋から見えているのは東雲公園です。

f:id:tra_live:20210715204959j:plain

柱にもミュシャの絵が♡

 

詳しくは下記公式HPをご確認ください。

 

 

今後の展示予定

f:id:tra_live:20210715214823j:plain

堺 アルフォンス・ミュシャ館
エレベーター内の告知(July 2021)

 

次回の企画展は7月末から始まります。

 

 ミュシャ芸術博覧会

 2021/07/31 (土) 〜 2021/11/14 (日)

 

f:id:tra_live:20210715214934j:plain

f:id:tra_live:20210715215001j:plain

展示チラシのPDFはこちら

 

詳細は公式HPをご覧ください。

 

f:id:tra_live:20210715215409j:plain

f:id:tra_live:20210715215440j:plain

 

 

プラハのセントラルギャラリー/ おわりに

f:id:tra_live:20210716204558j:plain

Central Gallery, Prague
(August 2016)

 

2016年の夏にヨーロッパを周遊していた時、

チェコにも訪れました。

 

首都プラハの セントラルギャラリー にも、

ミュシャの作品がたくさん飾られています。

 

f:id:tra_live:20210716204839j:plain

f:id:tra_live:20210716204909j:plain

f:id:tra_live:20210716205318j:plain

f:id:tra_live:20210716205405j:plain

f:id:tra_live:20210716205436j:plain

f:id:tra_live:20210716205459j:plain

f:id:tra_live:20210716205539j:plain

Central Gallery, Prague
(August 2016)

 

(※こちらの美術館は写真撮影可能です。)

 

ミュシャの作品だけでなく、ダリ、アンディ・ウォーホル、

3名の画家のコレクションが展示されています。

f:id:tra_live:20210716200854j:plain

f:id:tra_live:20210716200918j:plain

Central Gallery, Prague(August 2016)

 

f:id:tra_live:20210716205656j:plain

f:id:tra_live:20210716205803j:plain

面白くてユニークなダリの作品

 

f:id:tra_live:20210716210034j:plain

f:id:tra_live:20210716210053j:plain

f:id:tra_live:20210716210115j:plain

おしゃれでかわいいアンディ・ウォーホルの作品

 

f:id:tra_live:20210716205906j:plain

レトロかわいいエレベーター

 

有名な天文時計のすぐそばにあるので、

プラハ観光の際にはぜひ訪れていただきたい美術館です。

 

f:id:tra_live:20210716201010j:plain

Prague Astronomical Clock
(August 2016)

f:id:tra_live:20210716201222j:plain

Prague Astronomical Clock から見下ろした
Central Gallery(August 2016)

 

カラフルな建物がかわいいプラハ♡

上から見下ろす街並みは赤い屋根で統一されており、それもまた美しいです。

 

f:id:tra_live:20210716201940j:plain

Prague(August 2016)

 

今後も日本の美術館紹介とともに、

過去に訪れたヨーロッパ旅行の写真も載せていきたいなと思っています。

f:id:tra_live:20210716202217j:plain

Prague(August 2016)

 

またお時間のあるときに、当ブログにあそびに来てもらえたら嬉しいです。

 

 

貴重なお時間を割いて最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました ⸜( ´ ꒳ ` )⸝

▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃

にほんブログ村のランキングサイトに登録しています。

ポチッと押して応援していただけると励みになります。

 よろしくお願いいたします 

        

 にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ