TO travel IS TO live

 【帰りたくなる場所】が増える旅

ロンドン旅行【ウエスト・エンド】観光で訪れたいスポット10選

f:id:tra_live:20210601184926j:plain

London(September 2016)

 

ロンドン西側にある劇場地区、ウエスト・エンド

エリア内にはオックスフォード・ストリートやリージェント・ストリートなどをはじめとする大通りがあり、

ショッピングを楽しめる場所でもあります。

 

他にも美術館やカフェ・レストランなど、

さまざまなエンターテイメントが揃っており、見どころ満載のエリアです。

 

その中でも特に見逃せないスポットを10箇所ご紹介いたします。

 

f:id:tra_live:20210601185026j:plain

コヴェント・ガーデン付近(September 2016)

 

※この記事に掲載されている写真はジオラマモードで撮影したものも多く含まれますが、加工はせずにそのままの状態で載せています。

 

 ↳クリックすると読みたい場所まで飛べます。

 

f:id:tra_live:20210603162736j:plain

The National Gallery(August, 2019)

 

芸術の街、ロンドン。

イギリスの大抵の美術館・博物館は無料で入ることができます。

 

ナショナルギャラリーThe National Galleryも無料で入場可能な、

ロンドンを代表する美術館のひとつです。

f:id:tra_live:20210603162817j:plain

The National Gallery(September, 2016)

 

ナショナルギャラリーの館内の様子、ハイライト(7点)はこちらの記事で詳しくご紹介しております☟

f:id:tra_live:20210603162947j:plain

f:id:tra_live:20210603163007j:plain

レオナルド・ダ・ヴィンチ「岩窟の聖母」
”Leonardo da Vinci – “The Virgin of the Rocks”

 

ロンドンのナショナル・ギャラリーで見逃せない作品は数多くありますが、

その中でも特に筆者にとって印象に残っている作品30点はこちら☟

f:id:tra_live:20210603163114j:plain

f:id:tra_live:20210603163136j:plain

ムリーリョ「幼い洗礼者聖ヨハネと子羊」
Bartolomé Esteban Murillo –
“The Infant Saint John with the Lamb”

 

f:id:tra_live:20210603163208j:plain

サヴォルド「マグダラのマリア」
Giovanni Girolamo Savoldo –“Mary Magdalene”

 

建物自体がとても美しいので、作品はもちろん

柱や天井にも注目して楽しんでいただきたいです。

f:id:tra_live:20210603163359j:plain

f:id:tra_live:20210603163420j:plain

The National Gallery(September, 2016)

 

トラファルガー広場(Trafalgar Square)

f:id:tra_live:20210603163453j:plain

Trafalgar Square(September 2016)

 

トラファルガー広場は1805年、イギリス軍が

フランス・スペイン連合艦隊との戦いに勝利したことを記念して作られた広場です。

 

いくつかの銅像がありますが、その中でも最も高い銅像がネルソン提督の記念柱です。(写真中央)

 

トラファルガー広場(Trafalgar Square)で撮影した写真は、こちらの記事にも少し載せています☟

f:id:tra_live:20210603163621j:plain

Trafalgar Square(September 2016)

 

 

コヴェント・ガーデン (Covent Garden)

f:id:tra_live:20210615125815j:plain

Covent Garden(January, 2021)

 

たくさんのマーケットがあるロンドン。

その中でもコヴェント・ガーデンは見逃せない場所のひとつです。

 

f:id:tra_live:20210615125848j:plain

Covent Garden(January, 2021)

 

アップル・マーケット(Apple Market)ジュビリー・マーケット(Jubilee Market)、2つのマーケットがあります。

 

f:id:tra_live:20210615130842j:plain

f:id:tra_live:20210615130910j:plain

Apple Market(September, 2016)

 

f:id:tra_live:20210615130947j:plain

f:id:tra_live:20210615131015j:plain

Jubilee Market(September, 2016)

 

周辺にもたくさんのカフェやお店があり、

ショッピングがすきなひとは何時間でも過ごせる観光スポット。

 

建物自体がとても美しいので、買い物にあまり興味がない人も楽しめます。

f:id:tra_live:20210615131116j:plain

Covent Garden Station(January, 2021)

 

それぞれのマーケットについて、

またコヴェント・ガーデンが舞台になっている実話を元にした映画、

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(原題: “A Street Cat Named Bob”, 2016 についても詳しくご紹介している記事はこちら☟

f:id:tra_live:20210615130057j:plain

f:id:tra_live:20210615130124j:plain

Covent Garden(January, 2021)

 

ニールズヤード(Neal's Yard)

f:id:tra_live:20210603153741j:plain

Neal's Yard(January 2021)

 

コヴェント・ガーデンのすぐ近く(徒歩約 5分程度)に位置する、

まるで秘密基地のような隠れ家的なおすすめスポット、

ニールズヤードNeal's Yard)。

 

カラフルな建物に囲まれたこの中庭には、たくさんのカフェやショップが集まっています。

 

イギリス発のオーガニックコスメブランド、

Neal's Yard Remedies の本店もこちらにあります。

f:id:tra_live:20210603153905j:plain

Neal's Yard Remedies(January 2021)

 

ニールズヤードNeal's Yardについて、

また周辺の路地などの様子はこちらの記事で詳しくご紹介しております☟

f:id:tra_live:20210603154122j:plain

f:id:tra_live:20210603154004j:plain

Neal's Yard(January 2021)

 

 

カーナビー・ストリート(Carnaby Street)

f:id:tra_live:20210607020915j:plain

Carnaby St(January 2021)

 

ロンドンのカラフルな街並みを堪能できるスポットのひとつ、

カーナビー・ストリートCarnaby Street

 

1960年代にファッションと音楽の発信地として、

世界的に注目されるようになったエリアです。

f:id:tra_live:20210607021008j:plain

Carnaby St(January 2021)

 

カーナビ―・ストリートから一筋奥に入ると突然現れる、

吹き抜けの3階建てのショッピング・モール、

キングリー・コートKingly Courtも合わせて訪れたい場所。

f:id:tra_live:20210607021114j:plain

f:id:tra_live:20210607021137j:plain

Kingly Court(January 2021)

 

カーナビ―・ストリートキングリー・コート

その周辺エリアの様子については、こちらの記事で詳しくご紹介しております☟

f:id:tra_live:20210601001322j:plain

Newburgh St. Carnaby, London(January 2021)

 

夜は昼間とはまったく違う雰囲気で、それもまた魅力的です。

f:id:tra_live:20210607020610j:plain

f:id:tra_live:20210607020709j:plain

Carnaby St(January 2021)

 

リバティ ロンドン(Liberty London)

f:id:tra_live:20210607022357j:plain

Liberty London(January 2020)

 

カーナビー・ストリートにも面している、有名な老舗デパート リバティー

1875年設立のイギリスを代表する老舗百貨店の1つです。

 

他の有名なイギリスの老舗デパートとともに、こちらの記事で紹介しております☟

f:id:tra_live:20210607022733j:plain

Liberty London(January 2021)


 

劇場

f:id:tra_live:20210611155616j:plain

West End, London(January 2021)

 

40もの劇場が集まる、「ウエスト・エンド」は

ニューヨークのブロードウェイよりも長い歴史を持つ劇場地区です。

 

数多くの劇場の中から2つをご紹介いたします。

f:id:tra_live:20210611155658j:plain

West End, London(January 2021)

リリック・シアター(Lyric Theatreアポロ劇場(Apollo Theatre(旧) クイーンズ・シアター Sondheim Theatre )など劇場が並ぶストリート、一番手前がリリック・シアターです。

 

(旧) クイーンズ・シアター(Sondheim Theatre)

f:id:tra_live:20210611160455j:plain

Sondheim Theatre(January 2021)

 

クイーンズ・シアターは 2019年 7月から改修工事が行われ、

ソンドハイム・シアター(Sondheim Theatre)」の名で 2019年 12月に再オープンしました。

f:id:tra_live:20210611155843j:plain

Queen's Theatre(September 2016)

f:id:tra_live:20210611155924j:plain

Sondheim Theatre(January 2021)

 

映画化もされている、『レ・ミゼラブル』

ストーリーも馴染み深いものですが、やっぱり舞台で観る迫力はたまりません。

 

クイーンズ・シアターと呼ばれていた頃に、友人と一緒に観劇しました。

当時の館内の様子や、アポロ・ヴィクトリアシアター(こちらはウエスト・エンドのエリア外です)の写真は下記記事に載せています☟

f:id:tra_live:20210611230335j:plain

Apollo Victoria Theatre(August 2019)


ちなみに映画のロケ地になった場所のひとつはバースにあります☟

f:id:tra_live:20210611160308j:plain

f:id:tra_live:20210611160343j:plain

Sondheim Theatre(January 2021)

  

パレスシアター(Palace Theatre)

f:id:tra_live:20210601172914j:plain

Palace Theatre(January 2021)

 

中に入ったことは一度もありませんが、

前を通るたびに写真を撮らずにはいられなくなる場所。

 

f:id:tra_live:20210601173233j:plain

f:id:tra_live:20210601173258j:plain

f:id:tra_live:20210601173323j:plain

Palace Theatre(September 2016)

 

こちらの動画(1分30秒以内の短い動画です)で館内の様子もご覧いただけます☟


www.youtube.com

f:id:tra_live:20210601173031j:plain

f:id:tra_live:20210601173004j:plain

Palace Theatre(January 2021)

 

ウエスト・エンドには、他にも美しい劇場が点在しています。

f:id:tra_live:20210612014258j:plain

私の旅のお供「ララチッタ」にもミュージカル特集が!

 


 

英語がすべて聞き取れなくても、もともと知っているストーリーであれば楽しめると思います。

相場もブロードウェイよりは全般的に低いので、

ロンドン旅行の際はぜひミュージカルを鑑賞してみてください ♪

 

 

チャイナタウン

f:id:tra_live:20210531233835j:plain

Chinatown, London(September 2016)

 

ロンドンにはソーホー以外にも小規模なチャイナタウンがいくつかあるようですが、

こちらがイギリス最大ヨーロッパ最大規模の中華街です。 

f:id:tra_live:20210601053748j:plain

Chinatown, London(January 2021)

 

夜に訪れるとライトアップされた提灯が幻想的で、昼とはまた違った雰囲気に…

お腹が減っていなくても、近くを訪れる際はちょっと寄り道して見てほしい景色です ↓

f:id:tra_live:20210531233911j:plain

Chinatown, London(September 2016)

 

ピカデリー・サーカス(Piccadilly Circus)

f:id:tra_live:20210601045313j:plain

Piccadilly Circus Station(September 2016)

 

ウエスト・エンド地区の中でもいつもたくさんの人で賑わっている、

ピカデリー・サーカスPiccadilly Circus)。

 

こちらの像(写真下)は、待ち合わせ場所としても有名なスポットです。

f:id:tra_live:20210601045526j:plain

f:id:tra_live:20210601045550j:plain

夜のライトアップも素敵(September 2016)

 

リージェント・ストリート(Regent St)

f:id:tra_live:20210601051333j:plain

Regent St(September 2016)

 

ロンドンきってのショッピング街、

リージェント・ストリートRegent Street

 

クリスマスシーズンには天使の装飾が夜空を彩ります。

 

f:id:tra_live:20210601051431j:plain

Regent St(January 2021)

この日は解体作業の直前だったため、すでに電飾が付いていない場所も…

 

まだ点灯していた別のストリートの様子☟

f:id:tra_live:20210601051534j:plain

f:id:tra_live:20210601051607j:plain

光輝く天使の装飾(2021/01/05)

 

3度目のロックダウンが始まる直前で、重たい空気が流れていたロンドン。

光を失ってもなお、夜空に向かって力強く羽ばたく姿には 神々しさも感じさせられました。

f:id:tra_live:20210601052551j:plain

f:id:tra_live:20210601052629j:plain

f:id:tra_live:20210601053120j:plain

Regent St(January 2021)

 

リージェント・ストリートを含め、ロンドンで撮影した夜景写真はこちらの記事でまとめています☟

 

「ウエスト・エンド」エリアマップ

f:id:tra_live:20210718145204p:plain

West End, London
(Google Map より)

 

ウエスト・エンドだけでも、たくさんの観光スポットがあります。

 

地下鉄などの公共交通機関も利用して、

効率よく行きたい場所を巡れるといいですね。

 

 

ウエスト・エンドから少し足を延ばして

f:id:tra_live:20210718163711j:plain

Admiralty Arch(August, 2019)

 

ウエスト・エンドだけでも見どころはたくさんありますが、

周辺エリアにもロンドンの観光名所はたくさんあります。

 

徒歩5分以内にある有名なスポットだけ、ご紹介いたします。

 

バーリントン・アーケードとピカデリー・アーケード

f:id:tra_live:20210718175018j:plain

Burlington Arcade(January 2021)

 

世界で最も古いショッピング・アーケードの1つ、

バーリントン・アーケードBurlington Arcade)。

 

オープンしたのは 1819年、

ロンドンで1番長い, 屋根つきのショッピング・ストリートとしても有名です。

(全長は約180メートル)

 

外壁は重要文化財にも認定されており、

英国の伝統と格式を感じることのできる貴重なスポットです。

 

f:id:tra_live:20210718175058j:plain

Burlington Arcade(January 2021)


 

大通りの Piccadilly を挟んで、バーリントン・アーケードの向いに位置する、

ピカデリー・アーケードPiccadilly Arcade)。

 

オープンしたのは1909年です。

 

f:id:tra_live:20210718175216j:plain

f:id:tra_live:20210718175234j:plain

Piccadilly Arcade(January 2021)

 

この2つのアーケードについて、こちらの記事で詳しくご紹介しております☟

f:id:tra_live:20210718175140j:plain

Piccadilly Arcade(January 2021)


 

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ

f:id:tra_live:20210718150744j:plain

Royal Academy of Arts(January 2021)

 

バーリントン・アーケードに隣接しているアートギャラリー。

パラディオ様式の大邸宅を利用した美術館です。

 

一度は中に入ってみたいな…と思いつつ、まだその日は来ていません。

f:id:tra_live:20210718150834j:plain

Royal Academy of Arts(January 2021)

 

チャリング・クロス駅

f:id:tra_live:20210718164510j:plain

Charing Cross Station(August, 2019)

 

ロンドン中心部のウエストミンスターにあるターミナル駅。

 

f:id:tra_live:20210718164619j:plain

f:id:tra_live:20210718164650j:plain

下:ジオラマモードで撮影

 

観光スポットというわけではありませんが、駅の建物自体が美しいので、

こちらの駅を利用する際は、ぜひルネサンス様式の建築にも注目していただきたいです。

 

f:id:tra_live:20210718164756j:plain

f:id:tra_live:20210718164551j:plain

Charing Cross Station(August, 2019)

 

ヘドン・ストリート(Heddon St)

f:id:tra_live:20210601180839j:plain

Rumours(January 2021)

 

リージェント・ストリートの西側に並行する短いストリート、ヘドン・ストリートHeddon St

 

内装がかわいいと評判のお店、Rumours

筆者は入ったことはありませんが、食器やインテリアがピンクで統一されています。

f:id:tra_live:20210601181017j:plain

f:id:tra_live:20210601181050j:plain

Rumours(January 2021)

 

お隣は雰囲気抜群の日本食レストラン、Heddon Yokocho

f:id:tra_live:20210601181209j:plain

Heddon Yokocho(January 2021)

 

こちらも私は利用したことはありませんが、

ぜひ下記公式HPでその雰囲気を味わってみてください。

ロンドンで日本にいる気分を味わえそうな素敵なお店です。

f:id:tra_live:20210601181404j:plain

Heddon St(January 2021)

 

その他 街歩き中に撮った写真

f:id:tra_live:20210611151324j:plain

London(January 2021)

 

どこで撮影したのか、もうはっきりとした場所を覚えていないものもありますが、

恐らくウエスト・エンドで撮影したと思われる写真たちをいつも通りランダムに並べます。

(違っていたらすみません…)

 

f:id:tra_live:20210601185058j:plain

ブレブレのバス(September 2016)

 

f:id:tra_live:20210601185136j:plain

f:id:tra_live:20210601185205j:plain

The Green Man(September 2016)

 

f:id:tra_live:20210601185304j:plain

f:id:tra_live:20210601185330j:plain

Cloth House(September 2016)

 

Cloth House Studio というお店。

この店舗はもうなくなってしまったのかよくわかりませんが、この写真は確かウエスト・エンドのエリアで撮ったはず…

f:id:tra_live:20210601185445j:plain

f:id:tra_live:20210601185513j:plain

Cloth House(September 2016)

f:id:tra_live:20210718172816j:plain

Piccadilly(January 2021)



おわりに

f:id:tra_live:20210718171202j:plain

London(January 2021)

 

イングランドの首都、ロンドン。

何度訪れても、いつも「時間が足りない!もっといたい!」と感じる魅力的な都市です。

 

ウエスト・エンドからは離れていますが、

ロンドン観光で訪れたいおしゃれな街、ノッティング・ヒル☟

 

かわいいカフェ巡りもロンドン観光でやりたいことのひとつ☟

 

美術館に行くならこちらもおすすめ☟

 

ちょっと疲れたら公園でひと休み☟

 

自分だけのロンドン旅行、

オリジナルのプラン作りを楽しんでくださいね。

 

 

 

貴重なお時間を割いて最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました ⸜( ´ ꒳ ` )⸝

▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃

にほんブログ村のランキングサイトに登録しています。

ポチッと押して応援していただけると励みになります。

 よろしくお願いいたします 

         

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ