トラリブ Travel Blog

 【帰りたくなる場所】が増える旅

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

【電車】バーリからプティニャーノへのアクセス方法【南イタリア】

Bari Centrale(December 2023)

 

魅力的な街がたくさんある、イタリア・プッリャ州ですが、

個人旅行の移動方法は、ネットにはあまり載っていません。

(コロナ前の情報がほとんど。)

 

「南イタリアは初心者には移動が難しい」という記事もいくつかありましたが、

2024年現在は、状況も随分と異なります。

 

日曜日も電車が動くようになり、

(2023年11下旬~運行開始)

個人での移動も、遥かに楽にできるようになりました。

 

この記事では、バーリセントラルからプティニャーノへの電車でのアクセス方法を

2023年12月に旅した際に撮影した写真と共にご紹介いたします。

 

 

 

アルベロベッロやマテーラなど

\南イタリアの魅力的な街の情報が満載/

 

 

 

バーリセントラル駅の外観・ややこしいバス乗り場

Bari Centrale(December 2023)

 

バーリからプティニャーノへは、バスでも電車でも、

ほとんど同じ金額・時間で移動することができます。

(その差、たったの €0.4、電車の方が5分~10分程早く着きます)

 

もともとは(少しだけ安い)バスを利用するつもりでしたが、

バス乗り場を見つけるのに苦労し、結局見つけられなかったため、

電車での移動に変更しました。

 

バーリ空港とセントラルを繋ぐ電車はこちらの駅☟

 

この駅の向いに、たくさんのバスが停車していました☟

 

左手が空港行きの電車がある駅☟/ 右手が停車しているバス☟

 

ここのバスのチケットカウンターで「プティニャーノへ行きたい」と伝えると、

オレンジ色の建物の駅へと向かうよう案内されました☟

 

バーリ中央駅付近でバス乗り場を探しましたが見つからず、

インフォメーションセンターで確認しようにも、長蛇の列。

 

上写真の出入口と、プラットフォームを挟んで反対側の出入口にも出てみましたが、バス乗り場らしい場所は見つけられませんでした☟

反対車線にフリックスバスは停車していましたが、ここがバス乗り場だったのかは不明。

 

値段も時間も大した差はないため、

こだわりがない場合は、電車を選択する方が賢明だと思います。

 

 

自動券売機の使い方・注意点

 

タッチパネルで簡単に操作することができます。

(言語は英語にも切り替え可能です。)

 

目的地を選ぶと、時間ごとに便が表示されます☟

 

電車とバスが混ざって表示されるので、選択するときは注意してください!

 

チケットには日付しか印字されないため、

選択した便の画面の写真を撮るか、

Google Mapのスクショを残しておいた方がよいでしょう。

(何時発の電車を選択したか、駅に何時に到着するか、自分が把握できるようにするため。)

 


チケットの裏面は特に何も書いていません。

 

バーリ ⇔ プティニャーノ
チケット料金  片道 €4
所要時間  約 1時間 20分

 

係員の人に確認すると、選んだ時間から4時間後までは

無料変更可能だそうです。(そのまま乗ればOK)

(チケットにも「4時間は有効です」と記載されています。)

 

私は往復でチケットを購入しましたが、往復で買っても特に割引はないため、

時間が未定の場合は、当日その場で購入する方が良いかもしれません。

(プティニャーノにも自動券売機がいくつかあり、並んでいませんでした。)

 

 

プティニャーノ行きのプラットフォームへ

プラットホームは階段を下りて、

1番奥の突き当たりまで通路を進みます☟

ここから階段をまた上り、出た場所がホームです。

(エスカレーターなし、エレベーターあり)

 

駅の電光掲示板に “Putignano”(プティニャーノ)と記載されていましたが、

イタリア語でアナウンスが流れた後、電車の止まる線が変更されていました☟

念のため、何度かチェックした方がよいかもしれません。

 

電車は出発予定時間のちょうどにホームに到着し、

予定されていた 7分後に出発、

プティニャーノへは 10分近く遅れて到着しました。

 

 

ちなみに…

プティニャーノからバーリセントラルへは、

出発予定時間の 5分以上前に到着、2分後に出発。

バーリセントラル駅には 18分遅れて到着しました。

 

少し遅れてもよいように、余裕を持って

スケジュールを立てた方がよいかもしれません。

 

 

 

車内の様子

Putignanoへ向かう電車の車内
(December 2023)

 

大きな窓があり、車内は広々としています。

行きも帰りもどちらも空いていました。

 

スマホやパソコンを充電できるコンセント、USBプラグあり。

問題なく充電できました。

 

※車内はWi-Fiは飛んでいません。

 

◎車内のトイレは比較的きれいでした☟

 

 

プティニャーノ駅の様子

Putignano(December 2023)

 

プティニャーノはとてもこじんまりとした駅です。

 

プラットフォームには屋根がないので、

雨や雪の日は少し困るかも…。

 

 

売店などはありませんが、

無料で使えるお手洗いはありました☟

 

駅を外から見るとこんな感じ☟

 

駅の向いにバス乗り場がありました☟

 

 

おわりに

Putignano(December 2023)

 

プティニャーノの旧市街は、白を基調とした、素朴でかわいらしく、

カメラを持って歩きたくなる街並みです。

 

プティニャーノのまとめ記事はこちら☟

 

プティニャーノからアルベロベッロまでは電車で約30分、

ロコロトンドへも40分~45分程度でアクセスできます。

 

アルベロベッロ関連の記事

 

ロコロトンド関連の記事

 

プティニャーノからロコロトンドへの行き方、アルベロベッロへのアクセスについてはこちら☟

 

バーリ国際空港から市内までのアクセス方法はこちらに詳しくまとめています☟

Googleマップには載っていませんが、電車で簡単に移動できます。

 

 

\Instagramでも旅の記録を発信しています/

 

 

 

アルベロベッロやマテーラなど

\南イタリアの魅力的な街の情報が満載/

 

 

貴重なお時間を割いて最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました ⸜( ´ ꒳ ` )⸝

▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃▸◂▹◃

にほんブログ村のランキングサイトに登録しています。

ポチッと押して応援していただけると励みになります。

 よろしくお願いいたします 

        

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 

 

 ୨୧ ∴∵∴ ୨୧ ∴∵∴ ∴∵∴ ୨୧ 

 

  ˚*.꒰ Instagram  ꒱.*˚ もやっています

   ⳹ リールを中心に更新中 ⳼

 

 ୨୧ ∴∵∴ ୨୧ ∴∵∴ ୨୧ ∴∵∴ ୨୧