TO travel IS TO live

 【帰りたくなる場所】が増える旅

ダイアゴン横丁のモデル!? ヨーク・シャンブルズ通りのギフトショップ

↺ 2021年9月30日 更新

 

中世の雰囲気を色濃く残す古都、ヨーク。

 

街全体に趣があり、どこを歩いていても癒されますが、

その中でもシャンブルズ (Shambles) 通りは特別です。

f:id:tra_live:20200828062829j:plain

York Shambles  (May 2019)

 

ハリー・ポッターの『ダイアゴン横丁』のモデルになった通りとして知られています。

 

作者のJ.K.ローリングさんは、作品とは無関係と説明されているようですが、

このストリートの雰囲気がダイアゴン横丁を彷彿とさせるため、

世界中からファンが集まります。

 

ハリポタグッズを販売しているお店もいくつかあります。

f:id:tra_live:20200828061607j:plain

World of Wizardry

f:id:tra_live:20200828061654j:plain

The Boy Wizard

 

シャンブルズ (Shambles) 通りの様子と

ハリポタファンにぜひ訪れていただきたいおすすめのお店をご紹介いたします。

 

※この記事に掲載されている写真は、2019年5月14日に訪れた際に撮影したものです。すべてジオラマモードで撮影しています。

 

 

シャンブルズ通りについて【York Shambles】

f:id:tra_live:20200828063520j:plain

York Shambles  (May 2019)

 

欧州で最も多くの人々が訪れる路地と言われていますが、

実際はとても短いストリートです。

 

Google Map で York Shambles と検索すると

“Iconic medieval street & tourist draw” と出てきます。

 

古い木造の民家やお店が隙間なく並んでいますが、

なんとその歴史は15世紀まで遡ります。

 

上の階が前にせり出ているのが特徴の建物☟

f:id:tra_live:20200828063114j:plain

York Shambles  (May 2019)

 

なぜこんな不思議な建築なのかと言うと…

昔は肉屋として利用されていたところが多く、軒下に生肉をぶら下げていた時の名残だそうです。

 

想像するとぞっとしますね…

今は何もぶら下げられていないのでご安心ください。

f:id:tra_live:20200828063422j:plain

York Shambles  (May 2019)

 

どのお店・カフェも可愛く、ショーウインドウを眺めているだけで時間があっという間に過ぎてしまいます。

f:id:tra_live:20200828061832j:plain

f:id:tra_live:20200828061911j:plain

York Shambles  (May 2019)

 

素敵なお店ばかりですが、その中でも

ハリー・ポッターの世界観を特に感じられるお店を2つご紹介いたします。

 

 

The Potions Cauldron

f:id:tra_live:20200829025339j:plain

The Potions Cauldron

 

レジカウンターが出入口のすぐそばにあり、

なんだかちょっと入りずらくて外から眺めただけで実際には入っていません…

(今思えば入っておけばよかった…)

 

ヨークの公式観光HPに、店内の写真もいくつか掲載されております。

“ A magical drinks emporium for Wizards serving the ancient magical potions of French Witch Agnes de Molay which we’re brought back to York in the 14th century by Phileas Fry. Come and try our magical drinkable potions, learn the spell and unlock the magic. We have potions for all ages. ”

 引用元:The Potions Cauldron | Visit York

 

お店の公式HPもめちゃくちゃかわいいので、合わせてチェックしてくださいね☟

f:id:tra_live:20200829025502j:plain

The Potions Cauldron  (May 2019)

 

 

The Shop That Must Not Be Named

f:id:tra_live:20200829025555j:plain

The Shop That Must Not Be Named

 

こちらはちゃんと入ったので、自信を持っておすすめできます(笑)

 

コロナに関係なく、入口・出口が分かれていました。

f:id:tra_live:20200829025644j:plain

f:id:tra_live:20200829025722j:plain

The Shop That Must Not Be Named

 

店内は奥に細長く広がっています。

f:id:tra_live:20200829025823j:plain

The Shop That Must Not Be Named

 

ディスプレイを眺めているだけで、すっかり世界観に浸れます。

f:id:tra_live:20200829025859j:plain

The Shop That Must Not Be Named

 

こちらの公式HPもかわいいので、実際に訪れる前に一度見ていただきたいです☟

f:id:tra_live:20200829025231j:plain

The Shop That Must Not Be Named  (May 2019)

 

このまま Pavement St へ向かって直進すると、

Golden Fleece というパブが見えてきます。

このパブが 見えると Shambles St もおわりです。

f:id:tra_live:20200829024947j:plain

Golden Fleece  (May 2019)

 

どのお店もとってもかわいいので、お時間があれば

ゆっくり一つひとつまわってお気に入りのお店を見つけてくださいね。

 

 

おわりに

f:id:tra_live:20200829024826j:plain

York Shambles  (May 2019)

 

実は私、ハリポタにわかファンなんです。

未だにキャラの名前も全員うろ覚え…

 

妹はコアなファンで何度も本を読み返しています。

映画を見る時はカットされた場面を頭の中で修復し、

繋ぎ合わせて辻褄を合わせながら見ているそうです。

 

ハリポタが大好きな人にこそ、ぜひこの街に来てもらいたい!

(もちろん全然ファンタジーに興味がない人でも楽しめます。)

 

ヨークの観光スポットはこちらでまとめてご紹介しています☟

 

ハリーポッターが生まれたお店として有名なエレファント・ハウス☟

エディンバラの街全体がハリポタの世界観です☟

イングランドとは異なるスコットランドの魅力も、

ぜひ実際に訪れて感じていただきたいです。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたʕ·ᴥ·ʔ ♡︎⋈*。゚

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃

ブログ村のランキングサイトに登録しています。

下の【イギリス情報】と書かれたバナーを押して

応援していただけると励みになります 。

よろしくお願いいたします(人ω・*)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ