TO travel IS TO live

YMS 2018後期当選・ 2019年3月~ Manchester / UK暮らし

ロンドンから日帰り旅行!世界遺産の街バース、おすすめの観光スポット8選

 

街全体が世界遺産として登録されているバース

f:id:tra_live:20201227103640j:plain

Bath(2019/08/23)

 

これまで数回にわたりバースの観光スポットをご紹介してきましたが、まだ出し切れていない写真がいくつかあります。

 

今回はご紹介できていなかったスポットとともに、筆者がロンドンから日帰り旅行をした際に訪れた観光名所をまとめてご紹介いたします。

f:id:tra_live:20201227103551j:plain

Bath(2019/08/23)

 

※この記事に掲載されている写真は、2019年8月23日にロンドンからバースへ日帰り一人旅をした際に撮影したものです。ジオラマモードで撮ったものもありますが、写真に加工はしておりません。

 

  ◆◇◆◇◆ 目次 ◆◇◆◇◆

 

ローマン・バス【The Roman Baths】

f:id:tra_live:20201229021440j:plain

The Roman Baths(2019/08/23)

 

バース観光の最大の見どころと言えば、やはりローマン・バス(ローマ浴場博物館)

 

紀元前から現在でも天然温泉が湧き出ています。

46の温度で1分間に湧き出るお湯は117万ℓと言われています。)

 

ウイルスや病気などが問題になり、今は水に触れることは禁止されていますが、

大浴場跡(グレート・バス)の2階部分に並んでいる彫刻も美しく、この景色を眺めるだけでも長い歴史を感じることができます。

 

f:id:tra_live:20201229021611j:plain

The Roman Baths(2019/08/23)

 

館内の独特の展示方法にも注目していただきたいのですが、一番のおすすめスポットは豪華なエントランスホールです。

f:id:tra_live:20201229021719j:plain

天井装飾とシャンデリアが美しいエントランスホール

 

ローマン・バスについては下記の記事で詳しくご紹介しております。

Roman Baths, Bath – Welcome to the Roman Baths

 

バース寺院【Bath Abbey】

f:id:tra_live:20201229022116j:plain

Bath Abbey(2019/08/23)

 

ローマン・バスのすぐ近くにあるバース・アビー

上の写真の右手に写っている建物がローマン・バス、正面がバース・アビーです。

 

隣接しているため、ローマン・バス内からも望むことができます。

f:id:tra_live:20201229022248j:plain

ローマン・バスから見たバース・アビー


見る角度によって、全然違った雰囲気を持っています。

f:id:tra_live:20201229022356j:plain

f:id:tra_live:20201229022427j:plain

Bath Abbey(2019/08/23)

 

その中でも西側のファサード(大聖堂正面は特に注目していただきたいです。

はしごを上り下りする天使たちを間近で眺めることができます。

f:id:tra_live:20201229022516j:plain

Bath Abbey(2019/08/23)

 

このデザインが採用された理由に関しては、下記の記事で述べております。

 

ヴィクトリアン・ゴシックとも呼ばれる荘厳な内装も必見!

f:id:tra_live:20201229022712j:plain

数えきれないほどのステンドグラスがあります。

 

レースのような繊細なアーチ状の曲線がとても華やかな天井は、いつまででも眺められるほど美しいです。

f:id:tra_live:20201229022633j:plain

Bath Abbey の天井装飾

www.bathabbey.org

 

ロイヤル・クレセント【Royal Crescent】・サーカス【The Circus】

f:id:tra_live:20201229030814j:plain

Royal Crescent(2019/08/23)

 

どちらの集合住宅もイギリス人・建築家のジョン・ウッド親子によって設計されました。(サーカス:父、ロイヤル・クレセント:息子 )

 

サーカスは円形状、ロイヤル・クレセントは三日月のような半円の形をしています。

 

ロイヤル・クレセントは一部ミュージアム (No.1 Royal Crescent) として一般公開されています2021年4月再開予定

f:id:tra_live:20201229031032j:plain

No.1 Royal Crescent

 

ニコラス・ケイジも住んでいたことで知られている、サーカス

f:id:tra_live:20201229031411j:plain

The Circus(2019/08/23)

 

あまり観光スポットという雰囲気は感じられませんでしたが、大きな木が中央にあり、静かな落ち着いた場所でした。

 

それぞれの歴史や周辺の街の様子については下記の記事でご紹介しております。

 

上記記事内では Gay Street という洗練されたストリートで撮った写真もいくつか載せています。

f:id:tra_live:20201229031128j:plain

f:id:tra_live:20201229031155j:plain

Gay Street(2019/08/23)

 

f:id:tra_live:20201229052008j:plain

the Victoria Art Gallery(2019/08/23)

 

特別展示は有料ですが、入館料は無料の美術館です。

 

First Floor (2階)では無料で鑑賞できる常設展示が行われています。

f:id:tra_live:20201229052133j:plain

the Victoria Art Gallery(2019/08/23)

 

その中でも筆者お気に入りの作品はこちら☟

f:id:tra_live:20201229052231j:plain

“The Watersplash”- Henry Herbert La Thangue

 

実際にこの作品の前に立つと、ガチョウの群れが自分に向かって迫ってくる感じがして圧倒されます。

 

現在コロナの影響で一時的に閉館しており、再開は2021年3月29日の予定です。

実際に訪れることができない代わりに、2021年1月3日までオンライン展示が行われています。

 

詳細は下記記事でご紹介しております。

f:id:tra_live:20201229052420j:plain

星座の装飾が施されたドームの天井装飾

Victoria Art Gallery, Bath – Welcome to the Victoria Art Gallery

 

パレード・ガーデンズ【Parade Gardens】

f:id:tra_live:20201229082559j:plain

Parade Gardens(2019/08/23)

 

規模はそこまで大きくはありませんが、手入れの行き届いた、居心地の良い公園です。

 

私が夏に訪れたときは、ベンチに座って日光浴を楽しんでいる人をたくさん見かけました。

f:id:tra_live:20201229082645j:plain

Parade Gardens(2019/08/23)

 

主要な観光スポットからアクセスしやすいのも良いところ。

バース・アビーからは徒歩約4分、ビクトリア・アート・ギャラリーからも徒歩約3分程度です。

f:id:tra_live:20201229082737j:plain

Parade Gardens(2019/08/23)

 

パルトニー橋【Pulteney Bridge】

f:id:tra_live:20201229083255j:plain

Pulteney Bridge(2019/08/23)

 

エイヴォン川に架かる、連なった3つのアーチが特徴的なパルトニー橋

 

両側にショップが連なる橋は、世界でもかなり稀なようです。(11店舗あります。)

窓のところはショップになっており、横から見ると普通のストリートのように感じられます。

f:id:tra_live:20201229083351j:plain

横から見たパルトニー橋

 

この場所は2012年に公開されたミュージカル映画、『レ・ミゼラブル』(原題: “Les Misérables”)のセーヌ川のシーンで使用されています。(橋の下の堰(せぎ)の部分が使用されたようです。)

f:id:tra_live:20201229083523j:plain

Pulteney Bridge(2019/08/23)

 

パルトニー橋についてはこちらの記事で詳しくご紹介しております。

Pulteney Bridge | Visit Bath

 

ギルドホール・マーケット【Guildhall Market】

f:id:tra_live:20201229053920j:plain

Guildhall Market(2019/08/23)

 

Bath Guildhall Market is the oldest shopping venue in the city and has traded on this site for the last 800 years.

Surviving from the eighteenth century is the Nail, a table on which market transactions took place, hence the saying, to pay on the nail.

Today, a colourful group of 20 or so stallholders trade from this jewel of Bath.

 引用元:Guildhall Market | Visit Bath

 

バースで最も長い歴史を持つマーケット。

ビクトリア・アート・ギャラリーの隣に位置しています。

f:id:tra_live:20201229054144j:plain

 

出入口は2か所ありますが、パルトニー橋のあるストリートと反対側から見ると、こんな雰囲気です ↓

f:id:tra_live:20201229054245j:plain

f:id:tra_live:20201229054317j:plain

Guildhall Market(2019/08/23)

www.bathguildhallmarket.co.uk

 

Guildhall Market のそばにある、Guildhall

f:id:tra_live:20201229053820j:plain

Guildhall(2019/08/23)

 

美しい外観に惚れ惚れしてしまいます。

f:id:tra_live:20201229053643j:plain

f:id:tra_live:20201229053724j:plain

Guildhall(2019/08/23)

 

サリー・ランズ【Sally Lunn’s】

f:id:tra_live:20201229060216j:plain

Sally Lunn’s(2019/08/23)

 

バース市街の中でも最も古い建物のひとつ、サリー・ランズ(Sally Lunn’sは地下に小さなミュージアムもある老舗カフェです。

 

店内の可愛いインテリアも気分を上げてくれます。

f:id:tra_live:20201229060348j:plain

Sally Lunn’s(2019/08/23)

 

名物の Bunn をいただきました。

(下記の写真のみスマホで撮影したもので、少し色味を加工しています。)

f:id:tra_live:20201229060430j:plain

Cinnamon Bunn(2019/08/23)

 

こちらのカフェの詳細は、下記の記事でご紹介しております。

f:id:tra_live:20201229060639j:plain

Sally Lunn’s(2019/08/23)

Sally Lunn's Bath | One of Bath's oldest houses and home of the Sally Lunn bun

 

サリー・ランズの向いには、The Bath Bun というティールームもあります。

筆者は利用しておりませんが、こちらのバンも定評があります。

f:id:tra_live:20201229060521j:plain

The Bath Bun(2019/08/23)

 

街歩き中に撮ったおまけ写真

f:id:tra_live:20201227103358j:plain

Bath(2019/08/23)

 

いつも通り、もうどこで撮影したのか記憶に残っていない、街角で撮った何気ない写真たちをランダムに並べます。

 

f:id:tra_live:20201228002417j:plain

 

どこのストリートだったか忘れてしまいましたが、可愛いショーウインドウのお店が連なる、歩くだけで楽しい気分になれた道。

 

英語でショーウインドウ、もう忘れることはなさそうですね(笑)

f:id:tra_live:20201228002537j:plain

 

ライオンとユニコーンの装飾を見ると、イギリスらしいなあと思います。

 

頑張って人が映らないように撮ったわけではなく、誰もいなかっただけだけれどめちゃ可愛かったどこかの路地 ↓

f:id:tra_live:20201228002739j:plain

f:id:tra_live:20201228002845j:plain

 

これも謎の建物…

(天気良すぎて空が怖いくらい青いです…)

f:id:tra_live:20201228002636j:plain

 

ブルーのドア×個性的なデザインの柵の組み合わせが可愛すぎてシャッターを押す手が止まらなくなってしまったどこかのストリート。

(すみません、同じような写真が続きます ↓)

f:id:tra_live:20201228002924j:plain

f:id:tra_live:20201228003253j:plain

f:id:tra_live:20201228003428j:plain

f:id:tra_live:20201228003456j:plain

f:id:tra_live:20201228003606j:plain

Bath(2019/08/23)

 

ロンドンからバースへの行き方

f:id:tra_live:20201227103219j:plain

Bath(2019/08/23)

 

ロンドンからバースへは電車でもバスでも簡単にアクセスすることが可能です。

 

  • ロンドンから長距離バス(COACHで ⇒
    London Victoria Coach Station から直通で3時間
    交通状況により、少し前後します。

 

  • ロンドンから電車で ⇒
    London Paddington からは直通の電車が出ています。
    London Paddington 発、Bath Spa 着までの場合は
    所要時間は約1時間半です。

 

私は大型バス (National Express) を利用しました。

もともと電車よりもかなりお得に行けますが、(当時働いていた会社の)社割で更に 15% OFF だったので、往復 £23.70 でした。

夏のベストシーズン(しかも予約したのが1週間前)だったのでこの価格ですが、オフシーズン+事前予約だとより安いチケットを購入することも可能です。

 

鉄道を利用する場合は、オフピークの時間帯を選択すると£35くらいからチケットはありますが、早朝発・同日夕方着の時間帯を希望すると£60以上はかかります。

 

時間とお金を天秤にかけて、自分に合った移動手段を選んでくださいね。

 

おわりに

f:id:tra_live:20201227103305j:plain

ロンドンへ帰る途中のバスの車窓から見た景色

 

この記事でご紹介させていただいている場所は、すべて徒歩で周りました。

 

本当は Royal Victoria Park Botanical Gardens まで足を延ばしたいところでしたが、のんびりと街歩きをしていたため全く時間に余裕がありませんでした。

Fashion Museum Bath も見たかったのですが、時間が足りず…)

 

ロンドンからの日帰り旅行におすすめの場所として紹介されることが多いバースですが、私はできれば1泊して夜景も楽しむことができれば最高だなあと思います。

(冬場は午後4時前には真っ暗になってしまうため、訪れる時期によっては日帰り旅行でも夜の雰囲気を感じられるかもしれませんね。)

 

ロンドンから日帰りで旅行できるおすすめの街は他にもたくさんあります。

合わせて旅行プランの参考にしていただければ幸いです。

 

ロンドンから日帰り旅行できる街

www.tra-live.com

www.tra-live.com

www.tra-live.com

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたʕ·ᴥ·ʔ ♡︎⋈*。゚

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃

ブログ村のランキングサイトに登録しています。

下の【イギリス情報】と書かれたバナーを押して

応援していただけると励みになります 。

よろしくお願いいたします(人ω・*)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ