TO travel IS TO live

 【帰りたくなる場所】が増える旅

レ・ミゼラブルのロケ地、パルトニー橋とパレード・ガーデンズ【イギリス・バース】

 

ミュージカル作品の完全映画化、『レ・ミゼラブル』(原題: “Les Misérables”、2012年公開)のセーヌ川のシーンで使用されたパルトニー橋

f:id:tra_live:20201210082901j:plain

@Pulteney Bridge(2019/08/23)

 

バース観光で見逃せない観光スポットのひとつです。

 

この近くにはとても美しい公園、パレード・ガーデンズもあります。

f:id:tra_live:20201210082949j:plain

@Parade Gardens(2019/08/23)

 

この記事ではそれぞれのスポットの魅力をお伝えいたします。

 

※この記事に掲載されている写真は、2019年8月23日にロンドンからバースへ日帰り一人旅をした際に撮影したものです。ジオラマモードで撮ったものもありますが、写真に加工はしておりません。

 

  ◆◇◆◇◆ 目次 ◆◇◆◇◆

パルトニー橋【Pulteney Bridge】

f:id:tra_live:20201210090313j:plain

@Pulteney Bridge(2019/08/23)

 

One of the most photographed examples of Georgian architecture in the city and one of only four bridges in the world to have shops across its full span on both sides, Pulteney Bridge was designed in 1769 by Robert Adam.

The bridge is named after Frances Pulteney, wife of William Johnstone Pulteney. William was an important man in Georgian Bath, owning a lot of land in the surrounding area. He had grand plans to create a 'new town' to rival that of John Wood's on the west side of the city.

  引用元:Pulteney Bridge | Visit Bath

 

エイヴォン川に架かる、連なった3つのアーチが特徴的なパルトニー橋

18世紀後半に活躍した新古典主義建築の第一人者である、ロバート・アダムによって設計されました。

 

両側にショップが連なる橋は、世界でもかなり稀なようです。11店舗あります。)

f:id:tra_live:20201210091044j:plain

横から見るとこんな感じです、
とても橋の上とは思えないですよね。

 

夜になるとライトアップもされるようです。

冬季に旅行される方や1泊される方は、ぜひ夜の美しいパルトニー橋もカメラに収めてくださいね。

(筆者は夏のロンドンからの日帰り旅行だったため、夜景を楽しむことはできませんでした。)

f:id:tra_live:20201210090655j:plain

鳥もたくさん飛んでいます。

 

Famously, it was the scene of Javert's suicide in the 2012 film version of Les Misérables.

 引用元:Pulteney Bridge | Visit Bath

 

冒頭でも少し触れましたが、この場所は2012年に公開された映画、『レ・ミゼラブル』(原題: “Les Misérables”のセーヌ川のシーンで使用されています。

f:id:tra_live:20201210083435j:plain

@Pulteney Bridge(2019/08/23)

(厳密に言うと、橋の下の堰(せぎ)の部分が使用されたようです。)

 

もう8年も前だなんて、時間が経つのはあっという間ですが、地元の映画館で幼馴染の友達と一緒に観たのを今でも覚えています。

 

実際にロンドンの劇場でミュージカルも観劇しました。

(2016年の9月だったので、もう4年以上も前になりますが…。)

f:id:tra_live:20201210072332j:plain

@Queen's Theatre(September, 2016)

※改修工事が行われ、今は「ソンドハイム・シアター(Sondheim Theatre)」として再オープンしているようです。

 

昨年2019年の夏には、Apollo Victoria Theatre Wicked を観劇しました。

 

渡英する3週間前まで劇場の案内係として働いていたこともあり、その経験を経て観客として観る舞台はまた違った想いがありました。

 

ロンドンの劇場で感じたことは下記の記事でお話ししております。 

クイーンズ・シアターの館内写真も、上記記事内にいくつか載せております。

特に照明が美しいなと感じました。

f:id:tra_live:20201210072518j:plain

f:id:tra_live:20201210072550j:plain

@Queen's Theatre(September, 2016)

 

パレード・ガーデンズ【Parade Gardens】

f:id:tra_live:20201210072645j:plain

@Parade Gardens(2019/08/23)

 

Parade Gardens occupies a triangular site bounded to the south by North Parade, to the north-east by the River Avon, and to the west by Pierrepont Street and Grand Parade.

These delightful two-and-a-half acre gardens are Bath’s most popular pleasure grounds. They give fine views of Pulteney Bridge and the weir, especially from the colonnade which was built early in the last century.

  引用元:Parade Gardens | Visit Bath

 

規模はそこまで大きくはありませんが、手入れの行き届いた、居心地の良い公園です。

 

とてもお天気が良く、ベンチに座って日光浴を楽しんでいる人たちをたくさん見かけました。

f:id:tra_live:20201210075540j:plain

f:id:tra_live:20201210075606j:plain

 

実は公園の敷地内には入っておらず、通りPierrepont StreetGrand Paradeから眺めただけなのですが、それでも美しい景色に癒されました。

f:id:tra_live:20201210075254j:plain

f:id:tra_live:20201210075321j:plain

@Parade Gardens(2019/08/23)

 

時間に余裕のある方は、ガーデン内をのんびりお散歩するのもいいですね。

f:id:tra_live:20201210075411j:plain

f:id:tra_live:20201210075440j:plain

@Parade Gardens(2019/08/23)

 

おわりに

f:id:tra_live:20201210073117j:plain

@Parade Gardens(2019/08/23)

 

パレード・ガーデンズのすぐ近くには素敵な老舗カフェ、サリー・ランズ(Sally Lunn’sがあります。( Google Map では徒歩約3と出てきます。)

 

筆者も実際に訪れ、名物のバン(Bunnをいただきました。

f:id:tra_live:20201210073403j:plain

@Sally Lunn’s(2019/08/23)

 

カフェの地下にはミュージアムショップもあり、建物自体が古い歴史を持つ、観光スポットとなっております。

 

サリー・ランズ(Sally Lunn’s)についてはこちらの記事で詳しくご紹介しております。

バース観光の参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたʕ·ᴥ·ʔ ♡︎⋈*。゚

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃

ブログ村のランキングサイトに登録しています。

下の【イギリス情報】と書かれたバナーを押して

応援していただけると励みになります 。

よろしくお願いいたします(人ω・*)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ