TO travel IS TO live

YMS 2018後期当選・ 2019年3月~ Manchester / UK暮らし

イングランド3度目のナショナルロックダウン中にパスポート更新した話

f:id:tra_live:20210108080101j:plain

Kensington Gardens(January 2021)

 

新しい年、2021がスタートして早くも1週間が過ぎましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

こちら、イギリスのイングランドでは1月6日より3度目のロックダウンが始まりました。

アナウンスがあったのは1月4日 夜8時。

f:id:tra_live:20210108080323j:plain

Tower Bridge(January 2021)

 

急増し続ける感染者数、入院患者数、死者数をなんとか抑えるために、

England全域に渡る3度目のロックダウンが(法律上)1月6日に開始されました。

(※公式には1月6日とされましたが、1月4日夜のニュースでは「不要不急の外出は(翌日の)1月5日から控えること」と強く発表されていました。)

 

f:id:tra_live:20210108080439p:plain

 

 

実はこの発表がされたとき、私はロンドンのホテルの部屋にいました。

こんな時期に何してんの?という状況ですが、パスポートの有効期限が迫っており、すでに12月に更新の予約をしておりました。

 

本当は年内に済ませるつもりでいましたが、ずるずると先延ばしにしてしまい、結果最悪のタイミングに。

 

に移動の自由が緩和されたとき、すぐに更新をすればよかったのですが、

当時は「せっかくロンドンに行くなら数泊して観光も楽しみたい。けど、今はまだそんな気分にはなれないしなぁ~」と甘い考えで見送りました。

( ↑ これがそもそもの間違い)

 

気が付いたらになっていて、状況は悪化。

地方別の段階的に異なる規制、Tier システムが取られるようになり、Manchester はわりと早い時期から Tier 3に。

(後にロンドンも Tier 3 になりました。)

 

ここでまた躊躇していると、11月上旬からイングランド全域に渡る2度目のロックダウン開始

 

ロックダウン明け(12月上旬)に予約を試みましたが、すでに12月はすべて埋まっており、なんとか最短で予約できたのが1月5でした。

 

「クリスマスの時期に感染者数が急増するだろうから、こりゃまたロックダウンになるよなぁ~」と薄々感じてはいたものの、ここ数日間で状況は急速に深刻化

結果、ロックダウンと重なるタイミングでの移動となってしまいました。

 

f:id:tra_live:20210108080643p:plain

 

1日の死者数はついに1,000件を突破し、4月よりも悪化してしまいました。

Covid-19: UK records more than 1,000 daily virus deaths - BBC News

 

 

ManchesterからLondonまでバスで直通6時間

遠隔地域に住んでいる場合は、朝の10時または10時半の予約でパスポートを即日発行をしていただくことが可能です。

 

電車を利用すれば大幅に時間を節約することができますが(電車の場合、バスの2倍以上の金額です!)、できるだけ費用を抑えたかった私は在英国日本国大使館に予約をした当日、大型バスとホテルの予約も済ませていました。

(当日早朝着の夜行バスはこの時期はさすがにきついと感じ、前日の夕方着の便にしていたため、ホテルでの宿泊が必要でした。)

 

その時点ではロンドンもマンチェスターも Tier 3 の状態。

 

少し前に大型バスの会社、National Express から本数削減のため予約がキャンセル・返金になると連絡を受けたとき、嫌な予感がするなと思いつつも、

日本大使館の予約は引き続き有効で、何を思ったかキャンセル不可のホテルを予約していたために尚更ここで引き下がれないという謎の焦燥感に襲われ(キャンセルしたところでいつ状況が落ち着くかわからないという問題もあり)、このタイミングを逃したら先が見えないと割り切って電車を予約しました。

 

それにしてもこんなに急に Tier 4 及びナショナル・ロックダウンが始まるなんて…

とりあえず現段階では2月中旬まで続く予定と言われています。

 

ただ正直に申し上げますと、

Tier 4 でも生活必需品を扱うお店以外はすべて閉まり、レストランやカフェなど店内での飲食は不可のため、個人的にはあまり違いを感じていません。

(お子さんのいるご家庭、学生さんにとってはかなり大きな変化だとは思いますが…!)

 

 

こんなタイミングでカメラ片手にロンドンの街をほっつき歩くなんて気がふれているんじゃないかと思われることは重々承知していますが、

せっかくロンドンにいるのなら見たい景色もたくさんあり、再度ゴーストタウン化した街を観光客のように歩き回ってしまいました。ごめんなさい。

 

f:id:tra_live:20210108081026j:plain

Burlington Arcade(January 2021)

 

日本大使館から徒歩約10分ほどにある Burlington Arcade もその向いにある Piccadilly Arcade もお店が全部閉まっており、誰もいません。

f:id:tra_live:20210108081120j:plain

Burlington Arcade(January 2021)

f:id:tra_live:20210108081153j:plain

Piccadilly Arcade(January 2021)

 

そこからさらに徒歩7分くらいの場所に位置している Kingly Court (Food court) もこの通りです。

f:id:tra_live:20210108081304j:plain

f:id:tra_live:20210108081331j:plain

Kingly Court(January 2021)

 

せっかくなのでさらに15分程歩き、カラフルな建物が立ち並ぶ Neal's Yard の様子も見てきました。

f:id:tra_live:20210108081434j:plain

f:id:tra_live:20210108081507j:plain

Neal's Yard(January 2021)

 

本当に誰もいなくて、これが現実だとは信じられませんでした…

 

ここまで来たら徒歩5分以内にある Covent Garden も記念に見ておきたいと思い、雨が降る中歩みを続けました。

クリスマスの美しいデコレーションはまだ残っていましたが、見る人が誰もいないのはなんだか切ない…

f:id:tra_live:20210108082918j:plain

Covent Garden(January 2021)

 

こんなに人がいないロンドンはなんだか怖いです…

f:id:tra_live:20210108082957j:plain

f:id:tra_live:20210108083026j:plain

f:id:tra_live:20210108083054j:plain

Covent Garden(January 2021)

 

これはそっと自分の記憶の片隅に置いておくべきだと思いますが、

いつかまた安全に旅行ができるようになったときのために、せっかくなので今回撮った写真を使ってイギリス旅行の計画づくりに参考にしていただけるような記事を作りたいなと思います。

 

(実はこれまで何度もロンドンを訪れましたが、まだウォレスコレクションの1記事しか書けていません。すでにネット上にはたくさんの情報が溢れており「敢えて記事を書く必要もないか」と感じていましたが、数年前に撮りためた写真もたくさんあるので、それらも使いながら記事を書くつもりです。

 

エディンバラ編も終わりそうになく、マンチェスター情報もお伝えできていないことだらけですが、

引きこもり生活続行のため、この期間にひとつずつ形にしていけたらいいなと思います。

f:id:tra_live:20210108083149j:plain

Regent street (January 2021)

 

アメリカのデモや収まらないコロナのニュースに心が痛くなりますが、2021年は2020年よりも少しでも多く明るいニュースが聞けることを願って…。

f:id:tra_live:20210108083245j:plain

London Piccadilly street(January 2021)

 

マンチェスターは今朝も雪が降っていました。

まだまだ寒い冬が続きますね。

 

どうか皆さま、ご自愛くださいね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたʕ·ᴥ·ʔ ♡︎⋈*。゚

▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃

ブログ村のランキングサイトに登録しています。

下の【イギリス情報】と書かれたバナーを押して

応援していただけると励みになります 。

よろしくお願いいたします(人ω・*)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ